新規会員登録ですぐに使える500Pプレゼント★

第3回 秋を味わうレシピ~秋野菜のミルクシチュー~

第3回 秋を味わうレシピ~秋野菜のミルクシチュー~

あたりがすっかり紅葉に染まった10月。

風が冷たく肌寒くなる時期に体が温まるミルクシチューなんていかがでしょうか?

今回ミルクシチューのレシピを教えてくださったのは、野菜ソムリエなどたくさんの資格を持ちながら料理研究家として活躍されている坂本薫さんです♩

大分県に11人しかいないオーガニックサポーターにも任命され、料理教室なども主催されています。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

肌寒くなる時期にぴったり

秋野菜のミルクシチュー

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

材料(4~5人前)

さつまいも…1本

かぼちゃ…小さめ1/2

なす…1本

玉ねぎ…1/2

鶏もも肉…1枚

エリンギ…1本

しめじ…1/2

水… 200ml

コンソメ顆粒…大さじ1

バター…50

小麦粉…50

牛乳…400ml

塩…少々

※お好みで糸唐辛子

 

作り方

①さつまいもは乱切りにし、ラップをして電子レンジで600W3分チンする。

〇坂本さんよりワンポイト〇

根菜類はあらかじめ電子レンジでチンしたり湯がいておくと時短になります。

 

②かぼちゃは小さめに切る

 

③なすは皮をむいて輪切りにして玉ねぎは粗みじん切りにする。

〇坂本さんよりワンポイント〇

ミルクシチューを作る際、なすの皮は必ず剥いてから使用しましょう♩

なすの皮を剥かずに使用してしまうとせっかくのミルクシチューがなすの皮のせいで紫色になってしまう可能性があります。

 

④鶏もも肉を一口大に切り、きのこ類は手で割く。

〇坂本さんよりワンポイント〇

きのこ類はステンレスと相性があまり良くなく、ステンレスの匂いを吸収して食べにくくなってしまうのでステンレスの包丁などを使わずに手で割くことをおすすめします。

また、包丁より手で割いた方が味が染みやすいです!

 

⑤鍋にバターをひき、粗みじんにした玉ねぎを炒める。

 

⑥玉ねぎが透き通ってきたら鶏もも肉も入れ軽く焼き目を付ける。

 

⑦野菜類ときのこ類を入れ軽く火が通ってきたら水、コンソメ大さじ1を入れ、蓋をして20分程度煮込む。

 

⑧煮込み終わったら小麦粉を振るいながら入れ、牛乳を加えて小麦粉が溶けるまで混ぜる。味見をして塩で味を調えれば完成!

 

いかがだったでしょうか?

季節の変わり目は体調を崩しやすいため秋野菜で免疫力をつける事をおすすめします。

これまで、3回にわたり料理研究家の坂本さんに秋野菜を使ったレシピを教えて頂きました。

どの料理も簡単に作れるのでぜひご家庭でお試しください♩

 

 

▼△▼△▼プロフィール紹介▼△▼△▼

     坂本 薫さん

料理研究家/『Kaorucooking』主宰/デコ巻きマイスター/薬膳コーディネーター/フルーツ発酵ショコラクリエーター/企業アドバイザー/スパイスコーディネーター/オーガニックサポーター/レシピ執筆

 

〇活動について〇

坂本さんは大分県内に11人しかいない『オーガニックサポーター』に任命されており、大分県の有機農業・有機農産物の認知を広める活動をSNS等を通じてされています。

また、たくさんの資格をお持ちで薬膳料理をはじめご自宅で取り入れやすい、いろいろな種類の料理を料理教室で作られています。

テレビにもレシピの提案などで出演されたことがあり、ご覧になった方も多いのではないでしょうか?

SNSでは料理教室の宣伝やおいしそうな料理の写真などもアップされているので、ぜひチェックしてみてください!

 

Instagram

 

Facebook