送料無料キャンペーン実施中!

第2回 秋を味わうレシピ~さつまいもごはん~

第2回 秋を味わうレシピ~さつまいもごはん~

本格的な秋を感じる10月初め。

秋といえば「食欲の秋」とも言われるほど、美味しい食材が豊富な季節。

皆さんは秋の野菜といえば、なにを思い浮かべますか?

「さつまいも」と答える方は多いのではないでしょうか♩

そこでご家庭で簡単にさつまいもを取り入れることが出来るレシピをご紹介します♩

 

前回に続き今回も秋の野菜を取り入れたレシピを教えてくださったのは、野菜ソムリエなどたくさんの資格を持ちながら料理研究家として活躍されている坂本薫さんです♩

大分県に11人しかいないオーガニックサポーターにも任命され、料理教室なども主催されています。

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

秋甘くてホクホク♡

~さつまいもごはん~

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

材料(3~4人前)

・お米…2

・さつまいも…1

・さつまいもが浸かるくらいのアク抜き用の塩水

・水…400ml

A)塩…小さじ1

A)酒…大さじ2

A)みりん…大さじ1

A)薄口醤油…大さじ1

・黒ゴマ

※今回はストウブでごはんを炊きましたが、ご家庭にある炊飯器を使って頂いて大丈夫です。

 

作り方

①お米を2合分よく研いでざるにあげておく。

 

②さつまいもを5㎝角に切り、塩水に少しの間さらしておく。

〇坂本さんよりワンポイント〇

さつまいもはアク抜きの為に水につけますが、水を塩水に変えてアク抜きをすることで相対効果によりさつまいもを食べた際に甘味をより感じることが出来ます。

また、さつまいもの変色防止にもなります。

 

③ストウブにお米、アク抜きしたさつまいも、水400ml、(A)を入れ、かき混ぜてからIHにかける。

 

④始めは蓋をせずにグツグツなるまで強火にかける。

グツグツなったら一度かき混ぜてから蓋をし、弱火で10

 

⑤炊き上がったら10分程蒸らし、1度ごはんを混ぜる。

 

⑥お椀に移しお好みで黒ゴマをふれば完成。

〇坂本さんよりワンポイント〇

さつまいもを炊くと腸内環境を整える効果がアップしたり、風邪予防やシミ・そばかす防止の効果もあります。

 

いかがだったでしょうか?

前回は、お酒に合うおつまみで揚げびたしをご紹介しましたが今回は普段の食卓に簡単に取り入れることが出来るさつまいもごはんでした!

秋のさつまいもはとても甘く、炊くことでホクホクな仕上がりになります。

ぜひ試してみてください♩

 

 

▼△▼△▼プロフィール紹介▼△▼△▼

     坂本 薫さん

料理研究家/『Kaorucooking』主宰/デコ巻きマイスター/薬膳コーディネーター/フルーツ発酵ショコラクリエーター/企業アドバイザー/スパイスコーディネーター/オーガニックサポーター/レシピ執筆

 

〇活動について〇

坂本さんは大分県内に11人しかいない『オーガニックサポーター』に任命されており、大分県の有機農業・有機農産物の認知を広める活動をSNS等を通じてされています。

また、たくさんの資格をお持ちで薬膳料理をはじめご自宅で取り入れやすい、いろいろな種類の料理を料理教室で作られています。

テレビにもレシピの提案などで出演されたことがあり、ご覧になった方も多いのではないでしょうか?

SNSでは料理教室の宣伝やおいしそうな料理の写真などもアップされているので、ぜひチェックしてみてください!

 

Instagram

 

Facebook

 

 

次の記事

イベントレポート~お茶教室~

イベントレポート~お茶教室~