会員登録ポイント3倍キャンペーン実施中!~9月末まで

眠れない夜こそリラックス

眠れない夜こそリラックス

私たちが生活をする中で、毎日の疲れをとるのにとても大事なのは “睡眠”です。

「今日は疲れがとれてないな」と朝感じるとき、疲労回復につながる質の良い睡眠がとれていない可能性があります。

睡眠の質を上げるためには、疲れなどでこわばっている身体をリラックスさせる必要があります。

 

眠れる身体を作るためには

わたしたちの身体には自律神経という神経があります。

この神経は私たち人間にとってとても重要な働きをしてくれて、その自律神経を形成させているのが交感神経と副交感神経です。

交感神経は日中、私たちがアクティブに動けるようにしてくれるアクセル役の働きがあり、逆に副交感神経はブレーキ役でリラックスモードにしてくれます。

眠るときや身体をリラックスさせるときに働くのが副交感神経です。

ですが、副交感神経を自分で働かせることは難しく、少しイラっとしただけでも

交感神経が働いてしまいます。

そんなときは、身体をリラックスさせる道具を使ってみるといいかもしれませんね!

<参考>

高尾美穂 交感神経と副交感神経「緊張とリラックスには、交感神経と副交感神経が関係していると聞きます。うまく切り替える方法はありますか?」

(最終閲覧日2020619日)

https://nikkey.nikkei4946.com/column/takao/2019/02141100.html

 

わたしの眠れない夜のリラックス法

わたしはスマホなどを触っていて眠りにつけない日があり、次の日仕事だからはやく寝なくちゃ…と思うと余計になかなか眠れず時間だけが過ぎていきます。

そんな時、焦らずにアロマを使ってみました。

その夜はわたしの好きな匂いの「蘭」を使ってみたところ、いつの間にか身体がリラックスして眠れていました。

ほかにも、眠る前に自然の音やオルゴールの音楽など落ち着いた音楽を聴くと身体の力が抜けていくような感じがしていつの間にか眠っていました。

自然の音楽のCDをかけたり、最近ではインターネットで検索してみると無料で聴ける音楽もたくさん種類があるので好きな音楽でリラックスしましょう。

また、ボディクリームを使ってマッサージをするのもおすすめです。

1日使って疲れた身体を揉みほぐしてあげると血行が良くなって眠りやすい身体にもなり、次の日の身体もスッキリします。

 

まとめ

わたしたちの身の回りには、いろいろな情報やストレスがある為、質のいい睡眠をとるのは難しいかもしれません。

そんなときはわたしが紹介したアロマを使ってみたり、音楽を聴いてみたりなど眠りに誘ってくれるような道具に頼るのもひとつの手だと思います。

 

『お買い物はコチラ』

KIDEE TAMDEE リフレッシュアロマオイル

リンク:リフレッシュアロマオイル

前の記事

自然の音を日常に取り入れる

自然の音を日常に取り入れる

次の記事

あえて、時間をかける選択

あえて、時間をかける選択